岐阜清流国体東京チーム選手選考決定について

2012 年 8 月 31 日 コメントをどうぞ コメント

第67回国民体育大会(岐阜清流国体)

■一般 5名(順不同)※詳細添付資料 (693)
……………………………………………………………
・橋本 凌甫 (日本大学)
・野口 裕生 (中央大学)
・今井 一誠 (早稲田大学)
・安井 雅彦 (東京大学)
・金井 誠人 (明治大学)
<補欠選手>
・谷口 雄太郎(早稲田大学)
・高橋 築  (日本大学)

■少年 4名(順不同)※詳細添付資料参照
……………………………………………………………
・西村 大輝 (昭和第一学園)
・伊藤 和輝 (昭和第一学園)
・山本 修平 (昭和第一学園)
・馬渡 伸弥 (昭和第一学園)
<補欠選手>
・菊山 将志 (昭和第一学園)
・橋詰 丈  (昭和第一学園)

□東京車連スタッフ
……………………………………………………………
・監督(成年) :飯田 義広
・監督(少年) :守谷 剛
・メカ     :飯田 義広(兼務)
・コーチ    :富山 健一
・コーチ    :大宮 政志
・マッサ    :菅沼 清二

●選考理由
……………………………………………………………
強化指定選手の見直し当たって
本年度の最終目標の「国体」において最強の布陣となるよう選考。団体種目を意識した強化育成プログラムにより、個人種目での能力の高さ、チームワークを考慮しての安定した走りを見せるチームスプリント。チームパーシュートに主眼をおいての中距離種目の取りこぼしの無い成果が期待できるレース巧者としての力量を評価し、最終国体選手選考を行ったものです。
(東京都自転車競技連盟 強化副委員長 飯田 義弘)

カテゴリー: 強化委員会 タグ: