子供のための自転車学校 in 東京OVAL京王閣

2011 年 11 月 20 日

秋たけなわの今日
東京OVAL京王閣で
子供のための自転車学校を開校しました。

幼稚園年長から小学5年生まで16名が参加しました。




まず、みんなで
デモンストレーションを見ました。



私たちは五感から情報を得るわけですが
その7〜8割は、目から得るといわれています。

つまり、手本を見るということは
実技講習の中で
とっても大切なプロセスなのです。

そういえば
伝統的な日本のお稽古事には
「見取り稽古」という言葉がありますネ!

生徒さんは畳に正座して
師匠の踊り・三味線・お茶のお手前・花をいける姿など
じっと見るだけという稽古を
たっぷりとしますよね。



いよいよ
一本橋から練習を始めました。





続いて、スラローム練習です。


初めて3本ローラーに挑戦した航志くん
すぐに乗れるようになりました。


妹の美里ちゃんも、乗れました!


メカニック・トラブルの対処も勉強!


スピードを落としたり、停止したりして
後ろの人の行き場書をなくし
追い出したり、足を着かせたりして

誰が最後まで生き残るかというサバイバルゲームに挑戦しました。


ボトル拾いの練習。


ローラー台を気に入ったようですね。


両手離しも出来ちゃいました!


みんなで、ダウンの周回練習です。


ゆっくり走ったり、同じ場所に停止したりする技術は
安全運転をする上でも、とても大切なテクニックなのです。


閉講式では
今日のプログラムを振り返って
しっかりと記憶に定着していただきました。




JUGEMテーマ:じてんしゃ全般 
カテゴリー: 普及委員会, 自転車学校 タグ: